MENU

包茎治療と包茎矯正器具のポイント

 

 

包茎矯正器具というのはいくつかの種類があるのですが、その目的というのは包皮をむいたままの状態を維持できるようにすることです。
具体的に言うのであれば、ペニスの余っている包皮を矯正器具などを使用して包皮を手繰り寄せてから、腰の部分にくっつけるようにすることによって、亀頭部分が露出した状態を維持することができるようになります。

 

この原理というのは仮性包茎に対して特に効果的です。
仮性包茎というのは亀頭の一部分しか包皮に覆われていないために自発的に剥くことができます。

 

しかし、真性包茎であったりカントン包茎になっている場合には、また話しも変わってきます。
真性包茎やカントン包茎は自発的に剥く、ということが簡単ではありません。

 

真性包茎やカントン包茎というのは、まずはなにより包皮をむくことができる状態まで改善することが第一です。
また、包茎矯正器具に分類はされるのですが、ジェルタイプや接着剤タイプなどの矯正器具もあります。

 

そういった包茎矯正器具を使用する場合であっても、真性包茎やカントン包茎というのは剥ける段階になっていることが大前提となりますので、注意してください。
包茎矯正器具というのは仮性包茎の治療をまずは第一に考えている包茎改善法なのです。