MENU

シアリスと鎮痛剤の併用について

 

シアリスとは、ED(勃起不全)の治療薬の一つをいいます。EDは近年、若い男性にも増えてきているといわれています。生活習慣の乱れやストレスなどが原因となり、年齢に関係なく、若い方にもおこることがあります。シアリスの効果は、持続時間が36時間と長く、日常的に服用することができる気軽さから、人気を集めています。投与後、からだに吸収されてしまうと食事の食事の制限をほとんどする必要がありません。日常的に使用でき、効果を持続する時間も長いため、その間に風邪になり市販の薬を使用する機会があるかもしれません。しかしシアリスは、風邪薬や鎮痛剤の成分と併用しても問題ないとされています。頭痛がするというような時も、鎮痛剤と併用できるので安心です。適度なアルコールの摂取も可能となります。しかし、投与してから顔のほてりや目の充血、頭痛などの症状も少ない分、効き方もマイルドです。また、狭心症の硝酸剤を用いられている方や、不整脈の治療をされていない方、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞などの病歴がある方には処方できない場合があります。グレープフルーツに含まれる成分は、シアリスの効果を阻害する恐れがあるため、注意が必要です。用途、用量を守って、正しく使用することが大切です。