MENU

シアリスを使っての治療について

 

シアリスは、ED(勃起障害)の治療薬として使われています。治療薬として3番目に登場した薬で、従来までの薬に比べて、効果持続時間が36時間と長いこと、副作用が少ないこと、食事の影響を受けにくいこと、で評価されています。
シアリスは、重度のEDの人の治療には向きません。副作用が少ないというメリットがありますが、これは裏を返せば効果が弱く作られているということです。シアリスは効果持続時間を長くさせるために、効き目が弱く作られています。
重度のEDの人だと十分な勃起が得られない可能性があるので、その場合には従来の短時間で効果が強く出る薬を使ったほうが良いでしょう。
従来までの薬は、空腹時に飲まないと効果が出ませんでした。そのため、飲むタイミングに左右されることがありましたが、シアリスは食事の影響を受けにくくなっています。
ただし、メーカーの発表では800kcalまでの脂肪分の少ない食事ならば影響を受けない、と説明されています。その点は間違えないように注意が必要です。
シアリスを使うと、全身の血流が良くなります。これにより、ペニスへの血流が増えて自然な勃起が得られるようになります。性的刺激を受けた時にだけ勃起が起こります。